田中陽希氏の『アドベンチャーレースに生きる』(山と溪谷社刊) サイン会のご案内

3月19日(日)15:30~16:30の講演会終了後に開催する田中陽希氏のサイン会は、田中正人氏との共著『アドベンチャーレースに生きる!』へのサイン会です。本書と整理券のセットを販売いたします。整理券発行は70名様で、都民ホール入口の来場者受付デスクで14:30より開始いたします。なお、山と溪谷社の刊行物や色紙などへのサインはご遠慮ください。

東京2020のメダル制作にご協力を!

本イベントを共催する、東京都環境局では大会組織委員会による「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に協力するために、不要になった携帯電話などの回収をすすめています。東京メトロポリタンマウンテンミーティングの会場でも回収ボックスを設置していますので、ご来場の際には、不要になった携帯電話を是非、お持ちください。ご協力おねがいします。

東京メトロポリタンマウンテンミーティングとは?

より多くの人に東京の山や自然に親しむ機会を提供することを目的として、実行委員会と東京都環境局がタッグを組んで開催するイベントです。

第2回となる、今イベントのテーマは「自然公園」。豊かで奥深い東京の自然の中で生活する人、仕事をする人、楽しむ人。また、それを守り続けていく人。作家の椎名誠さんや、プロアドベンチャーレーサーの田中陽希さんなど、東京の自然と共存しているゲストを迎えて、それぞれの見地から、東京の山や自然を紹介するトークショーイベントを行ないます。

会場には、多摩エリアの情報や物産ブースの出展もあります。

また、来場いただいた方へ「自然公園」についてのアンケートを実施します。ユーザー視点の見解を広く集めることが目的で、東京の自然の保護活動や、魅力的な自然公園事業の結実につなげていく方針です。ぜひ、アンケートにご協力ください。

Tokyo Metropolitan Mountain MTG実行委員会
(構成団体=奥多摩町、檜原村、東京都公園協会、山と溪谷社)

自然公園とは?

優れた美しい自然の風景地を利用してつくられる公園。都市計画上設けられた都市公園の人工公園とは対照をなす。 1957年に制定された自然公園法では,「すぐれた自然の風景地を保護するとともに,その利用の増進を図り,もつて国民の保健,休養及び教化に資することを目的とする」と規定され、自然公園法に基づき指定されています。

東京都は、人口1,300万人を擁する世界有数の大都市でありながら、10ヶ所の自然公園を有し、実にその広さは都の面積の約36%となっています。

<東京都の自然公園一覧(全10ヵ所)> 
秩父多摩甲斐国立公園/富士箱根伊豆国立公園/小笠原国立公園/明治の森高尾国定公園/滝山自然公園/高尾陣場自然公園/多摩丘陵自然公園/狭山自然公園/羽村草花丘陵自然公園/秋川丘陵自然公園

各、自然公園の詳細はこちらから

 

「東京の山・2017写真コンテスト」が開催中

"東京の山にまつわる自然・文化・風景・人"をテーマに、「雲取山部門」、と「東京の山(雲取山を除く)部門」で募集。雲取山は、標高が2,017mで、名前に「とり」がついていて、今年の"西暦と標高""干支と名前"が一致することから、今年一段と注目されている山の一つです。イベント内では、来場者による決選投票が行なわれ、入賞作品が発表されます。

トークショー タイムテーブル

イベント概要

日時 2017年3月19日(日)10:30~17:00
会場 東京都庁「都民ホール」「都民広場」
東京都新宿区西新宿2-8-1
JR新宿駅より徒歩10分
入場 無料
イベント公式サイト http://ymm.yamakei.co.jp/tmmm2017/
主催 Tokyo Metropolitan Mountain MTG実行委員会
(奥多摩町、檜原村、東京都公園協会、山と溪谷社)
共催 東京都環境局
協賛 株式会社丸紅フットウェア、大塚製薬株式会社
後援 あきる野市、青梅市、八王子市、日の出町、瑞穂町、東京都山岳連盟、国土緑化推進機構
特別後援 山梨県 丹波山村
協力 株式会社明治