涸沢・横尾・徳沢・槍ヶ岳の宿泊について

涸沢フェスティバルでは、涸沢会場には涸沢ヒュッテと涸沢小屋の2つの山小屋、横尾会場には横尾山荘、徳沢会場には徳澤園と徳沢ロッヂの2つの宿泊施設、槍ヶ岳会場には槍ヶ岳山荘があります。

イベント開催時は宿泊施設の混雑も予想されるため、予定を決めたら少しでも早く希望の宿泊施設に連絡し、宿泊予約をしておきましょう。

また、各会場には、キャンプ場も併設されています。テントでのんびり過ごすのは、登山の醍醐味です。受付は最寄の山小屋へ。基本的に予約は不要です。

各施設の詳細は以下をご参照ください。

涸沢会場の宿泊施設

涸沢ヒュッテ

テラスから穂高の山々を展望できる涸沢ヒュッテ。刻々と表情を変える山の風景を楽しみながら、贅沢な滞在を満喫できる。カラフェス期間中はテラスなどでプログラムを実施予定。夏期は東大医学部による診療所も併設される。
予約・問合せ:090-9002-2534

涸沢小屋

カール地形を見下ろす位置に立つ涸沢小屋は、赤い三角屋根が目印。岳人が集うアットホームな雰囲気の山小屋で、リピーターも多い。期間中はプログラムも行なわれる。
予約・問合せ:090-2204-1300

涸沢キャンプ場

涸沢カールの真ん中に広がる野営場。地盤は石なので、厚みのあるマットがあると快適。水場(無料)、チップトイレが利用できる。夏期はレンタルテントもある(要予約、問い合わせは涸沢ヒュッテへ)。
設営数:500張 幕営料:1人1泊1000円

横尾会場の宿泊施設

横尾山荘

上高地から、のんびり歩いて3時間。槍方面、穂高方面、蝶ヶ岳方面の登山口に位置し、上高地随一の唐松の美林と、聳え立つ屏風岩、前穂高岳の岩壁を仰ぐ最高のロケーションに立つ。宿泊者はお風呂に入れるので人気。
予約・問合わせ: 0263-95-2421

横尾キャンプ場

涸沢だけでなく、槍ヶ岳、蝶ヶ岳など主要山岳の入下山地となり、多くの登山者が行き交うのが横尾。キャンプ場は梓川のほとりにあり、前穂高岳を眺めながら幕営できる。水場、トイレも完備している。
設営数:100張、幕営料:1人1泊700円

徳沢会場の宿泊施設

徳澤園

井上靖氏ゆかりの上高地氷壁の宿で、小説「氷壁」の舞台にもなった宿。槍・穂高連峰の登山基地として、また奥上高地散策の休憩地として人気が高い。
電話番号: 0263-95-2508

徳沢ロッヂ

蝶ヶ岳、常念岳、槍ヶ岳、涸沢、奥穂高岳への登山基地として親しまれている。窓からは明神岳、前穂高岳の雄大な眺めが広がる。立ち寄り入浴ができるので、徳沢でキャンプ客するなら利用してみよう。
電話番号: 0263-95-2526

徳沢キャンプ場

上高地から2時間歩くと現われる、のびやかな草原が徳沢キャンプ場だ。かつて牧草地だったこともあり、広々としたキャンプサイトは牧歌的な雰囲気がある。穂高の山々を眺めながらのんびりした時間を過ごすのに最適。
設営数:200張、幕営料:1人1泊700円

槍ヶ岳会場の宿泊施設

槍ヶ岳山荘

標高3000mの稜線に立つ山小屋。槍の肩に位置し、槍ヶ岳山頂はすぐそこなので、宿泊すれば夕景や朝焼けを眺めに山頂まで行くことができる。テントサイト(30張、幕営料1人1000円)もある。夏は慈恵医大の診療所が開設される。
予約・問合せ:090-2641-1911