粥川なつ紀さんからメッセージが届きました!

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

カラフェスまであと3日。
涸沢会場のミニコンサートに出演予定のサックス奏者・粥川なつ紀さんからメッセージが届きました!

粥川さんは数々のコンクールで金賞・最優秀賞を受賞してきたサックス演奏家。

13歳で演奏を始め、熱帯ジャズ楽団などで活躍する演奏家・野々田万照氏に師事したのち、
自己のレーべル「KosamotaProject」を立ち上げて、これまでにCD4枚とDVD1枚をベガ・ミュージックエンタテインメント株式会社よりリリースしています。
女性らしい繊細な音色と斬新なアレンジが粥川さんの持ち味。
作曲も手がけ、クリエイターとしても高い評価を得ています。

岐阜県を拠点に活動している粥川さんは、子どものころから山に親しみ、奥穂高岳登山をきっかけに北アルプスの魅力に開眼。
2012年、2014年と涸沢フェスティバルに出演。今回は3回目のカラフェスとなります。
これまでは映像との共演やギターとのデュオでしたが、今回はソロの出演なので、心ゆくまでサックスの音色を楽しめるはずです。

粥川さんはカラフェス出演の際は、ポリカーボネイト製の特殊なサックスを持参。
今回も海を越えて最新モデルが届いたそうです。

「左の白が4年前、右の透明が2年前、そして中央が今回の最新モデルのサックスです^^。どれも900gの超軽量サックスで涸フェス用に特別に贈ってもらった粥川仕様の1本です。

手を伸ばせば届きそうな天の川の下での星空ライブに、3000m峰に昇ってゆく音を感じる夕日のライブ。そこには涸フェスでしか味わえない感動があります。今年も山を愛するみなさんと過ごす3日間がとても待ち遠しいです!」

粥川さんのミニコンサートスケジュールは次の通り。

28日(木)19:00~19:30「夏と夜空とサクソフォン」

29日(金)16:00~16:30「夏とホタカとサクソフォン」、

会場はいずれも涸沢ヒュッテテラスにて。
整理券不要のプログラムです。

夏の涸沢カールに響き渡るサックスの音色が待ち遠しいですね。

ミニコンサートをお楽しみに!