2月24日(水)今尾恵介さんトークショー「地形や風景が立ち上がる地図の読み方」を開催

 登山に欠かせない国土地理院の地形図。山好きには、地形図を眺めているだけで幸せという地図愛好者もいるだろう。この地形図の図式改訂が、国土地理院によって行われているのをご存じだろうか。新図式による地形図とは現在順次更新が進められている4色刷りの新版で、影を付けて地形を読み取りやすくした新しいこのバージョンは最近目につくようになってきた。しかしこの新図式への改訂について今回の講師、今尾恵介氏によれば、いいことばかりではないという。

 

  
実際の地形図を見ながら、地図の何が変わっているのか、読図のポイント等を説明する
(参考画像提供=今尾恵介)

 地図は、地形、地名を正確に把握するための図版。たとえば山岳や河川の表記も、従来は山や川の規模によって文字の大きさを変えて表現してきた。それが、今回の改訂方針で、すべて同じ大きさの文字、文字間隔で表記されることになったのである。地名についても市町村以下の地名が大字と小字の区別を撤廃してすべて同じ大きさで表記されるようになったのでわかりにくくなった。

 このほかにも、地図記号の簡略化の流れに沿って「工場」の記号が新図式の地形図ではなくなり、また植生界(たとえば田んぼと住宅地、樹林との間の境界線の表記)が省略されるなど、地形図のもつ「現場を伝える力」は確実に減退している。
 講師の今尾恵介氏は、等高線、地図記号、植生界記号、家屋、建物の表記など、実際の土地の風景を思い浮かべられることが一般図としての地形図の本来の目的であり、それが、表現の簡略化で阻害されてしまうのを懸念している。

 今尾恵介氏は、ご存じのとおり、地図を中心とした地名、地形、鉄道に関する著書が多数。今回の講座では、国土地理院の地形図の表記のルールや表現の妙を知り、登山中の地図読みのコツも掴めるきっかけにもなるだろう。

 地図好き登山者、地図を読めるようになりたい登山者双方に楽しめる講座。今尾恵介の地図ワールドを堪能しよう。

■申込みはこちらから
申込みは終了しました。
※申込みはヤマケイオンライン、またはMtSN(マウンテンスポーツネットワーク)の会員登録が必要です。


■「地形や風景が立ち上がる地図の読み方」トークショー詳細

日時: 2016年2月24日(水) 19:00~21:00(開場18:30)
講師: 今尾恵介氏
日本の地図研究家、フリーライター。一般財団法人日本地図センター客員研究員、日本地図学会評議員、「地図と地名」専門部会主査
会場: 神田神保町 インプレスグループセミナールーム
東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビル23F
参加料: 1500円 ※参加申込時に事前払い
定員: 80名 ※定員になり次第締切
主催: 株式会社山と溪谷社
(画像提供=今尾恵介)

※申込み前に必ずお読みください※
・1回の応募につき、お一人の申し込みとなります。複数名での参加をご希望される場合は、別々にお申込みください。
・申込みはヤマケイオンライン、またはMtSN(マウンテンスポーツネットワーク)の会員のみ可能です。会員登録がまだの方は、先に会員登録をお願いいたします。
・イベント申込みは、事前入金が確認出来次第、完了となります。
・自己都合による申し込み後のキャンセルはできません。代理の方の参加は可能です。その場合は開催の4日前までに代理の方のお名前・連絡先をお知らせください。
・申込みは先着順です。定員に達し次第、募集を終了します。
・天災、荒天、交通機関の事故等により開催を中止する場合があります。


■今尾恵介著『地形図の楽しい読み方』
 山で役に立つ読図の知識から、地形図に隠された不思議あれこれ、地形図はどうやって作るのかなど、知って役立ち、かつおもしろい、地形図に関する様々な知識を、丁寧に紹介。楽しく読み進めるうちに、自然と地形図の知識が身につく内容となっている。

販売価格:本体952円+税
アマゾン購入サイトへ